費用・流れAn expense and flow

費用について

弁護士に依頼する時の費用、弁護士費用には、「弁護士報酬」と「実費」の2種類があります。

弁護士費用には、弁護士報酬(着手金・法律相談料・報酬金・手数料・顧問料・日当など)と実費(収入印紙代・コピー代・交通費・保証金・通信費・供託金など)の2種類がある。

弁護士報酬

着手金
ご依頼を受けて、手続きを進める際にお支払いただく費用です。
法律相談料
相談内容をお聞きする際に頂く費用です。当事務所では初回相談料は無料です。
報酬金
結果に応じて支払う費用です。成功の程度によりお支いいただく費用はことなります。
手数料
事務的な手続きを依頼する場合にお支払いただく費用です。書類作成(契約書、遺言書)、会社設立、登記、登録などがあります。
顧問料
企業や個人と顧問契約を締結した際、契約によって継続的に支払う一定の費用です。
日当
弁護士が事務処理等で遠隔地に赴いた場合に一定額をお支払いいただく費用です。

実費

通信費、収入印紙代、コピー代、裁判所への納付金など弁護士報酬以外に、実際に支出しなければならない費用です。
弁護士に依頼せずに、自分で裁判をおこした場合にかかる費用となります。

ご相談の流れ

01. お問い合わせ

法律的な「悩み」や「不安」がございましたらまずはお気軽にお問い合わせください。
ご相談日時の調整をさせて頂きます。お気軽にご相談・お問い合わせください。

0949-28-9114

02. 法律相談

法律相談は直接面談の上、行います。弁護士が詳しい内容をヒアリングさせて頂き、法的なアドバイスや今後の見通しについて丁寧にご説明致します。

03. ご依頼(委任契約)

ご相談頂いた事案によって、委任契約を締結しご依頼を頂きます。
その際、必要な費用等の説明を致します。

04. 紛争解決

担当弁護士が事案処理や紛争の解決を目指します。
問題解決にかかる時間は事案によって様々ですので、ご依頼者様と連絡をとりながら進めて参ります。

05. 委任終了

判決を取得して事案は終了ですが、判決結果によっては「控訴する」等の場合もあります。
事案が解決した時点で成功報酬と案件に要した実費等を清算させて頂き、委任終了です。