取扱分野The field of handing

icon_top03_2 企業法務

企業が経済活動を行う上で、法律が密接に関わってきます。
そういった法律上のリスクからお守り致します。
労務管理や契約書の作成、債権回収などご相談下さい。
顧問契約では、日常的に発生する法律問題についてアドバイス致します。

◆クレーム対応 ◆労使問題 ◆顧問契約 ◆事業所承継 ◆契約書作成 ◆売掛金回収

問題行動を起こす従業員に対する対応

(企業A様からの相談)
従業員Bさんの問題行動が目につくようになり,困っていると相談を受けました。
Bさんのお客に対する横柄な対応が原因でクレームが増え,Bさんは態度を改める様子がありませんでした。それどころか会社の方針が間違っていると同僚に言いふらし,その際社長Cを侮辱して言動をしておりました。
(解決)「厳粛な懲戒」
まず,クレームと侮辱行為について事実確認を行います。事実が曖昧のままでは懲戒もできません。
次に,社長Cを侮辱する内容を同僚に言いふらすことは社内秩序を乱すものであり厳重注意する旨を「書面」で通告いたします。
「書面」にすることで,会社として問題と考えているという姿勢を示すことができ,ゆるぎない事実として記録化されます。
口頭での注意で改善が見られない場合効果的です。

経営権の争い

(事例)
親子が共に代表取締役である会社内で,当該親子間で経営の主導権をめぐって対立し,その対立が従業員間の対立やパワハラなどの更なる問題を引き起こしていると,子の代表取締役Bさんから相談を受けました。
(解決)
子が過半数の株式を保有していたことから,取締役会・株主総会を開催して,親の代表取締役Aさんに対して退任を促しました。
結局,物別れとなりましたので,取締役会で代表権を剥奪し,株主総会で取締役を解任しました。
Bさんは,経営を安定させることができ,会社の立て直しに成功しました。

費用・流れ

事務所・弁護士紹介